そがわマーク

SogawaBiz 白髪とは…
 

Q:白髪は抜くと増えますか?
Q:若いのにどうして白髪になるの?

Q:恐怖で一夜にして白髪になるのですか?

A:白髪の原因は謎の部分が多く、色々な説があります。

【1】毛乳頭の先端メラノサイト(色素細胞)は、髪の生え変わる時に
    大部分が失われ毛根周辺にあるメラノサイトが毛乳頭に移動する事に
    よって黒髪が再生されるのだが、この移動が崩れたという説。

【2】メラノサイトの数がしだいに減少するという説。
【3】メラノサイトの数は変わらず、メラニン形成酵素が減少するという説。
【4】メラノサイトから角化細胞へのメラニン色素顆粒移動障害によるという説

メラノサイトから放出されたメラニン色素は角化する前に皮質細胞に多く取り
入れられて成長し毛髪の色を構成しています。
白髪は一般的には老化によるもので、メラニンを作る能力が次第に衰えて
色素が消失したものですが、だからと言って身体の機能までが老化している
ということではなく、若い人にも発生することがあります。
日本人の白髪発生年齢は、人にもよりますが、平均35歳前後。
白髪が全体の50%になるのは、55歳前後であると言われています。
メラニン色素は毛髪をはじめ皮膚や内臓器官まで身体の至る所にありますが、
毛髪・皮膚・瞳孔など皮膚表面に含まれるメラニン色素は、有害な紫外線の害     
から身体を護るためにつくられています。
そのため、赤道直下の人は紫外線の害も強いため、髪も縮れ、黒色です。
太陽光線の弱い所の人は、直毛でメラニン色素も少なく明るい金髪です。
毛髪がヘアサイクルにともなって抜けて生え替わるとき、抜ける毛の毛根部は
萎縮して上方へ移行していきますが、毛乳頭の一部も一緒に引き上げられて
いきます。ここに新しい毛髪を誘導する何らかの成分があり、さらに毛包の
皮脂腺の出口より下のバルジ領域にある幹細胞が残っている毛乳頭の成分の
ある方へ誘導されて新しい毛根を作ることがわかってきましたが、その時に、
毛髪の色を作るメラノサイトも分裂して増えていくようです。
「白髪を抜いたら増える」と感じるのは、ひとつの毛穴からは平均3本生えて
いますが、一本が白髪になったとすると、その白髪を抜いたときに毛孔の組織
が少し破壊され、白髪の要因が隣の毛根にも影響したり、無理に抜いた白髪が
再生してくるまで、平均129日かかりますので、その4ヶ月の間にさらに老化が
進み、新しく再生してきた毛の隣の毛もメラニン色素をつくらなくなってしまった
ような場合に起こることが考えられます。
また、ショックや恐怖で一夜にして白髪になると昔から言われていますが、

毛髪が全部白髪になるにはどんな状況であろうと数ヶ月という期間が必要で
短時間で生えている部分のメラニン色素がなくなり黒髪が白髪化するという
ようなことは理論的に考えられません。(全理連 板羽講師より)

 

そがわサイトにお越し頂き有難うございます。
Copyright ©1992 Sogawa Biz All Rights Reserved.