そがわイメージロゴ

オノニスエキスで髪を強く

遺伝子KAP5とは?

毛根のキューティクル部分に存在し、キューティクル強度を高めるタンパク質をつくる司令を出す遺伝子です。KAP5遺伝子の活性が高いほどキューティクルは強くなり、ダメージを受けにくい丈夫な髪になります。

キューティクル

髪の強さを決定するのは、【キューティクルの重なる枚数】です。
硬い髪は7~10枚ほど
軟らかい髪は3~5枚ほど
タケノコの皮の様に重なり、外部の刺激から守る働きがあります。キューティクルがたくさん重なっているほど丈夫な強い硬い毛髪というわけです。

オノニスエキスとは?

KAP5遺伝子の活性を高める事が実証されており、ダメージを受けにくい強いキューティクルへと改善します。


オノニスエキスのKAP5遺伝子活性効果

エイジングによる
KAP5遺伝子の活性低下


KAP5の活性低下によりキューティクル強度を高めるたんぱく質が減少。
キューティクルの強度が低下し、ダメージを受けやすい髪になる。

オノニスエキスが
KAP5遺伝子を活性


KAP5遺伝子の活性により、キューティクル強度を高めるたんぱく質が産出。
キューティクル強度が高く、ダメージを受けにくい髪に強化される。