そがわマーク

SogawaBiz
頭皮ケア

フェイシャルエステ

抜け毛について

Q:異常に抜け毛が増えて悩んでいます。
   疲れた日は、洗髪せず寝てしまうことがあります。
   髪全体にボリュームがなく、特に分け目が
   かなり薄くなっている気がします。

A:頭部の汗は小汗腺から分泌され、水が99%を占めています。

  他に塩素・ナトリウム・カリウム・尿酸・尿素・アンモニア・乳酸などが

  含まれており、普通はPH4.5〜5.5位の弱酸性になっています。

  たくさん汗をかくとPHは次第に7に近くなってアルカリ性に傾きます。

  この段階でシャンプーをして洗い流しておけば脱毛に発展することは

  ありませんが、アルカリ性に傾いてきたのをそのままにしておくと、

  皮膚表面に常在する細菌類の発育や増殖を抑えている

  皮脂膜(脂肪膜)の働きが弱まり、表皮ブドウ球菌・ニキビ桿菌

  (かんきん)などが繁殖します。

  特に頭や顔のように皮脂腺の多い部分では好脂質性のイースト菌の

  一種ピチロスポルムオバーレ・ピチロスポルムオルビクラーレなどが

  繁殖しやすくなります。

  通過菌の黄色ブドウ球菌や連鎖状球菌緑膿菌・大腸菌・白癬菌など

   のカビ類などにより感染を起こしたり頭皮の新陳代謝を乱したり、

  皮脂や汗を分解して臭気を発したり、分解生産物によって、

  刺激を与え、フケやかゆみを発生させるようになってきます。

  この段階ではZ.pt(ジンクピリチオン)やオクトピロックス、

  硝酸ミコナゾール(ミコナゾール・ナイトレート)、

  ティトリーなどが配合されたシャンプーを使用してシャンプーすれば、

  繁殖を抑え、フケも少なくすることができたのですが、フケが病的に

  多く発生するようになると、乾性のフケは非行粃糠性脱毛症、

    脂性のフケは脂漏性脱毛症へと発展するようになってきます。

  「特に分け目がかなり薄くなってきた気がする」ということですので、

  やはり男性型脱毛症が始まっているものと思います。

  男性ホルモンが毛乳頭の標的細胞で作用を発揮するためには、

  テストステロンが標的細胞内に入った後5aリダクターゼにより

  活性が高い5aジヒドロテストステロンに変換
され

  レセプター(受容体)と結合しこの複合物がDNAに作用して

  各種蛋白の合成や中止を介して、強力な男性ホルモン作用を

  起こすようになり脱毛が起こってきます。

  5aリダクターゼには若禿げを起こす前頭部や頭頂部、口ひげ、

  顎鬚の毛乳頭細胞にはT型とU型、後頭部の毛乳頭細胞には

  T型だけが発見されているとされていましたが、

  最近の研究により、皮脂線周辺、内部には主にT型の

  5aリダクターゼが存在し、毛乳頭細胞、毛包内部、深部や前立腺

  には主にU型の5aリダクターゼが存在している事がわかってきました。

  べたつくということは皮脂が多いということですので、

  T型酵素がDHTに変換し男性型脱毛症が引き起こされる状況

  になっている状態です。

  対策として、亜鉛、ソーパルメットなどは5aリダクターゼをブロック

  してくれますし、ホップ、セージ、タイム、ローズマリーなどもブロック

  してくれます。ビタミンB6も皮脂の分泌を調整してくれますので、

  汗をかいたらこまめにシャンプーする事と、これらを試してみるのも

  良いと思います。(全理連・板羽中央講師)

 

そがわサイトにお越し頂き有難うございます。
Copyright ©1992 Sogawa Biz All Rights Reserved.