そがわマーク

SogawaBiz
男スキャルプエステ

男フェイシャルエステ
アイスパ
男眉のエステ

眉下のラインは直線的に、眉上のラインは手を加えない。

自分の眉の形を生かした、自然な仕上がりを目指す。

男眉のページもご覧ください。

STEP1
DESIGNING
STEP2
CUTTING
STEP3
FINISHING
全体のバランスを見ながら
アウトラインを決める
眉用コームを用いて
はみ出した眉毛を切る
眉山は手を加えず
眉尻も自然な感じに

眉頭は小鼻の内側の直上。
眉山は黒目の外側の直上。
眉尻は小鼻と目尻を結んだ
延長線上で、眉頭より上方が
理想の眉バランスとされる。
まずは眉頭に近い部分を眉用コームを下から上へとすくいあげるように当て、眉のラインからはみ出した毛を鋏でカット。 眉の上のラインは触れないのがルールだが、もしラインからはみ出している毛がある場合は、鋏で根元よりカット。

眉の手入れには、コームや鋏がセットになった眉専用キットが便利。特に鋏は、刃の部分が薄く小さい方がよい。 同じ部分を今度は上から下へと眉用コームを当て、同様に眉のラインからはみ出した毛を鋏でカット。 眉頭より内側にある毛は放って置くと眉がつながった様に見えるので、鋏または剃刀できれいに処理。

眉下のラインは、眉の形を生かすように直線的にカット。
特に眉山の下から眉頭へは、眉の上のラインと平行に。
次に眉尻に近い部分を、同じようにまずは下から上へと眉用コームを当て、眉のラインからはみ出した毛を鋏でカット。 アウトラインで絶対に手を加えてはいけないのが眉山。

眉下のラインが決まったら、それより下の毛は鋏や剃刀できれいに処理。毛抜きを用いると眉毛が薄くなる場合があるので使用しないほうがよい。 同じ部分を上から下へと眉用コームを当て、同様にカット。ただし、眉尻に近い部分の毛量が少ない場合は必ずしもカットしなくてもよい。 自然な仕上がりを目指すうえで重要となるのが眉尻。ここも極力手を加えず、ばらつきを残して男らしさを演出。

全国理容生活衛生同業組合連合会発行【hitoiki】より

URL http://sogawa.bizサイト・ナビそがわボイス

〒171-8512 東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店5F3番地 03-3985-6302

そがわサイトにお越し頂き有難うございます。
Copyright ©1992 Sogawa Biz All Rights Reserved.