そがわイメージロゴ

日々の洗顔から始める
「自宅でエステ」習慣

男性の皮脂分泌量は、女性の2倍以上と多く約8割の方が「脂性」とされていますので、正しい洗顔こそがエイジングケアの基本になります。
多くの人がぬるま湯や水でいきなり洗い始めているかと思いますが、最初のひと手間として蒸しタオルでスチーミングをおすすめします。この温熱効果により毛穴が広がり、奥に詰まった余分な皮脂や汚れを出しやすくし、同時に血行促進を高めます。
続いて洗顔料にもなるシェービングジェルBASARA201を手に取り図のように洗顔をしてください。

電子レンジで蒸しタオル

洗顔の際は、いきなり洗い始めるのではなく、電子レンジで40秒ほど温めて「蒸しタオルを作り、顔に当ててください。もうこれだけで、毛穴を広げ皮膚を柔らかくし血行を促進し、エイジングケアが格段にアップ。

洗顔料をクリーム状に

BASARA201を洗顔料として使用できる。1プッシュで水と空気を含ませ手のひらで泡立てる。透明なジェルが白くクリーム状になればOK。少しかたいようであれば、お湯を少し追加する。

円を描きながらUゾーン

手を上下に動かすが、決してゴシゴシあかとりの様にしない事がポイント。それを防ぐには直線運動ではなく【円を描く】事。円を描くように「下から上に」「内から外に」の力配分のイメージ。

Tゾーンは直線的に

皮脂の多いTゾーンを洗う時は、直線的に。特に小鼻から目の内側にかけては、指先で下から上へと「もちあげる」ようなイメージで洗う。
このままお顔剃りに

理容組合誌【hitoiki】report by 宮澤英伸氏 illustrations by 綿谷寛氏