そがわイメージロゴ

ホルモン

男性型脱毛症の主な原因のひとつである「ジヒドロテストステロン」(DHT)という物質は男性ホルモンの「テストステロン」(TS)が5αリダクターゼという還元酵素の変換により作られ、頭頂部から前頭部にかけての毛根が短くなる(ミニチュア化現象)が起こります。

ストレス

過度のストレスは自律神経、内分泌系、免疫系の働きに影響を及ぼします。自律神経の働きやホルモンの分泌が乱れると、血流の悪化が毛乳頭へ栄養を届ける障害となり、免疫異常が頭皮、毛根に炎症を生じさせ、髪が抜けやすくなります。

遺伝

脱毛症における遺伝的素因はある程度解明されています。脱毛を誘発する5αリダクターゼという酵素の体内における分布は両親からの遺伝の影響を受けており、また男性ホルモンに対する感受性は母方遺伝の影響が高いことが解っています。

食生活

髪の成長は日常の生活習慣から影響を受けます。喫煙は抹消血管を収縮させ、血流の悪化を招くとともにDNA細胞を損傷する恐れもあります。過度のアルコール摂取や運動不足も内臓の働きや細胞分裂の機能を低下させ、髪の発育には悪影響であると考えられています。規則正しい生活が大切です。

生活習慣

髪の成長は日常の生活習慣から影響を受けます。喫煙は末梢血管を収縮させ、血流の悪化を招くとともに細胞を損傷する恐れもあります。過度のアルコール摂取や運動不足も内臓の働きや細胞分裂の機能を低下させ、髪の発育には悪影響であると考えられています。規則正しい生活が大切です。